facebook twitter next envelop arrow

Introduction

Introduction

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男ラインハルト・ハイドリヒ。
「ユダヤ人絶滅政策」を推進し、その残虐性から
「金髪の野獣」と呼ばれた男を討つべく、憂国の志士たちが立ち上がった──。

第二次世界大戦中、最も凄惨な史実の一つと言われるハイドリヒ暗殺事件。
自らの命を犠牲にして、ナチスに立ち向かった若き男たちの戦いを描く極上の戦争サスペンス。

1941年冬、ナチス統治下のチェコ。イギリス政府とチェコ亡命政府の指令を受け、二人の軍人、ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュがパラシュートでプラハに潜入した。彼らの目的は、ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺、コードネーム「エンスラポイド(類人猿)作戦」だった。国内に潜むレジスタンスの協力を得て、愛する祖国の未来と平和のために、無謀ともとれる作戦に臨むヤンとヨゼフ。1942年5月27日、ついにハイドリヒを狙撃するが、彼らを待ち受けていたのは、想像を遥かに凌駕する壮絶なナチスの報復だった——。
『死刑執行人もまた死す』(43)、『暁の7人』(75)でも描かれた、“金髪の野獣”ことラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件、通称「エンスラポイド作戦」が21世紀初の映画化!2017年チェコ・アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など14部門にノミネートされた話題作。

キリアン・マーフィ&ジェイミー・ドーナン、旬の2人が初共演!
構想15年!綿密なリサーチと、オールプラハロケ。監督の情熱によって生まれた、圧倒的な真実性

暗殺計画の中心的存在であるヨゼフ・ガブチークを、クリストファー・ノーラン監督『インセプション』(10)『ダンケルク』(17)のキリアン・マーフィが演じ、若き軍人の静かな情熱を見事に表現しているほか、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15)のグレイ役で世界中の女性の心を掴んだジェイミー・ドーナンが同志ヤン・クビシュに扮し、緊迫した戦時下で出会った女性との愛に揺れ動く心を繊細に演じた。
監督・脚本は、『フローズン・タイム』(06)のショーン・エリス。2001年にエンスラポイド作戦のドキュメンタリーを見たのがきっかけでこの事件を知り、以後、膨大な歴史的資料を調べあげ、本作のための準備に15年もの年月を費やし製作した。

Story

Story

第二次大戦中期、ナチスがヨーロッパのほぼ全土を制圧していた頃。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府とが協力して極秘計画を練る。パラシュートを使ってチェコ領内に送り込んだのは、二人の軍人ヨゼフ・ガブチーク(キリアン・マーフィ)とヤン・クビシュ(ジェイミー・ドーナン)。
当時、チェコの統治者でホロコースト計画を推し進めていたのが、ヒトラー、ヒムラーに次ぐナチスNo3と言われたラインハルト・ハイドリヒ。二人はナチスとハイドリヒの暴走を止めるために送り込まれたスパイだった。ヨゼフとヤンはチェコ国内に潜伏するレジスタンスの協力を得てハイドリヒの行動を徹底的にマークして狙撃する機会をうかがう。任務の過程で芽生えた愛する女性との幸せな生活を夢にみながらも、祖国チェコのために、そして平和な未来のために自らを犠牲にして巨大な敵と戦うことを誓うのだった。

Story

Cast

  • Cillian Murphy

    Cillian Murphy

    キリアン・マーフィ(ヨゼフ・ガブチーク) 1976年、アイルランド・コーク出身。舞台で演技を磨き、96年ダブリン演劇祭で上演された「Disco Pigs」で注目を集める。ダニー・ボイル監督の『28日後…』(02)で国際的にブレイクし、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』(05)ではジョナサン・クレイ博士を演じ強烈な印象を残した。その後『ダークナイト』(08)と『ダークナイト ライジング』(12)でも同役を演じ、同監督の『インセプション』(10)にも出演している。『プルートで朝食を』(05)では、性同一性障害の役柄を演じ、第63回ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた他、独立戦争から内戦へといたる1920年代のアイルランド近代史を描いたケン・ローチ監督作品『麦の穂をゆらす風』(06)に続き、ダニー・ボイル監督と再びタッグを組んだ『サンシャイン2057』(07)では2年連続して英インディペンデント映画賞最優秀男優賞部門にノミネートされた。その他の作品に『ブロークン』(08)、『白鯨との闘い』(15)、『フリー・ファイヤー』(16)などがある。今秋には、第二次世界大戦を描く『ダンケルク』(17)の公開が控えている。

  • Jamie Dornan

    Jamie Dornan

    ジェイミー・ドーナン(ヤン・クビシュ) 1982年、北アイルランド・ベルファスト出身。カルバン・クラインやクリスチャン・ディオールなどのモデルとしてのキャリアを経て、ソフィア・コッポラ監督作『マリー・アントワネット』(06)でキルスティン・ダンスト演じるマリー・アントワネットの恋人、フェルゼン伯爵を演じ映画デビュー。『不都合な契約』(14)で主演を務め、ベストセラー官能小説の映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15)の大富豪クリスチャン・グレイ役に抜てきされブレイク。その後、1961年コンゴで包囲された150人の国連平和維持軍アイルランド部隊を描く軍隊ドラマ『ジャドヴィル包囲戦 6日間の戦い』(16)や『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編である『フィフティ・シェイズ・ダーカー』(17)に出演。待機作として、2018年日本公開予定『The 9th Life of Louis Drax 』(16)がある。

  • Anna Geislerová

    Anna Geislerová

    アンナ・ガイスレロヴァー
    (レンカ・ファフコヴァー)
    1976年、チェコ・プラハ出身。モデルとして活躍し、14歳の時『Dobrí holubi se vracejí』(89)で映画デビュー、国民的スターとなる。第76回アカデミー賞の外国語映賞にノミネートされた『ジェラリ』(03)では主演女優を務め、最優秀主演女優賞を第3回バンコク国際映画祭、第11回チェコ・ライオン賞で獲得した。2004年にはベルリン国際映画祭にて、欧州の若手俳優に与えられるシューティング・スター賞を受賞。『Stesti』(05)ではサン・セバスティアン国際映画祭で最優秀主演女優、チェコ・ライオン賞で最優秀助演女優賞を受賞している。チェコのアカデミー賞に当たるチェコ・ライオン賞では、5回の受賞と6回ノミネートの経験がある実力の持ち主である。

  • Charlotte Le Bon

    Charlotte Le Bon

    シャルロット・ルボン
    (マリー・コヴァルニコヴァー)
    1986年、カナダ・モントリオール出身。母ブリジット・パケットも女優。モデルとして活躍し、2010年からフランスのカナル・プリュス制作のバラエティー番組「Le Grand Journal」にお天気お姉さんとして出演。ジェラール・ドパルデュー、ギヨーム・ガリエンヌらと共演した『アステリックスの冒険 秘薬を守る戦い』(12)で長編映画デビューを飾った。『恋のベビーカー大作戦』(12)ではラファエル・ペルソナーズと共演し、『ムード・インディゴ うたかたの日々』(13)、『イヴ・サンローラン』(14)でも好演。『イヴ・サンローラン』での演技は高く評価され、第40回セザール賞の最優秀助演女優賞にノミネートされた。その後、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(14)でアメリカ映画初出演を果たし、『ザ・ウォーク』(15)などにも出演している。

  • Toby Jones

    Toby Jones

    トビー・ジョーンズ
    (ヤン・ゼレンカ=ハイスキー)
    1966年、イギリス・ロンドン出身。俳優の両親を持ち、マンチェスター大学演劇学部とパリのジャック・ルコック国際演劇学校にて演技を学ぶ。卒業後『オルランド』(92)で映画デビュー。『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(02)、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(10)で妖精ドビーの声を担当し、放送映画批評家協会デジタル演技賞にノミネートされた。また、『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(11)ではシルクの声を担当している。『バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所』(12)ではロンドン映画批評家協会賞や英国インディペンデント映画賞主演男優賞を受賞した。全世界で大ヒットを記録した『ハンガー・ゲーム』(12)、『ハンガー・ゲーム2』(13)や、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アドベンチャー』(11)、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)など、ハリウッド大作でも活躍。その他『マリリン 7日間の恋』(11)、『裏切りのサーカス』(11)、『奇蹟がくれた数式』(15)、『五日物語-3つの王国と3人の女-』(15)などがある。

  • Harry Llyod

    Harry Llyod

    ハリー・ロイド(アドルフ・オパルカ) 1983年、イギリス・ロンドン出身。ヴィクトリア朝時代を代表する作家、チャールズ・ディケンズの子孫(5世代後)で、ディケンズ原作のTVドラマ「デビッド・コパフィールド」(99)「大いなる遺産」(11)に出演する。「デビッド・コパフィールド」出演時、ロイドは16歳で名門イートン校に在学中だった。オックスフォード大学に進学後舞台に立ち始め、リチャード・メイソンを演じた『ジェーン・エア』(11)で映画デビューを果たした。その他の作品として、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(11)では若き日のデニス・サッチャーを、『博士と彼女のセオリー』(14)ではスティーヴン・ホーキングの友人ブライアンを演じた。

  • Alena Mihulová

    Alena Mihulová

    アレナ・ミフロヴァー
    (マリー・モラヴェツ)
    1965年、チェコ・ブルノ出身。舞台と映画で活躍するチェコの女優。チェコのカレル・カヒーニャ監督のほろ苦いコメディ『Sestřičky/Nurses(原題)』(83)で映画デビュー。カヒーニャとは2作目、3作目と定期的に仕事をするようになり、10年後に結婚。ヤナーチェク音楽院修了後、ほどなくしてシアター・ラビリントと契約を結ぶ。ここでは、後にプラハで公演した「ドン・ジュアン」「ファウスト」などの古典劇で才能を発揮した。夫の死後休業していたが、先ごろ舞台と映画に復帰し、ベルリン国際映画祭で上映された『Ice Mother』(17)に出演。

  • Bill Milner

    Bill Milner

    ビル・ミルナー
    (アタ・モラヴェツ)
    1995年、イギリス・サリー州出身。11歳の時、主人公を演じた『リトル・ランボーズ』(07)で映画デビューを飾り、第11回英国インディペンデント映画賞ニューカマー賞にノミネートされた。その他の出演作品に、『ブロークン』(08)、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(11)、『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(13)などがある。『Is Anybody There?』(08)では第31回ロンドン映画批評家協会賞新人賞にノミネートされた。

  • Marcin Dorocinski

    Marcin Dorocinski

    マルチン・ドロチンスキー
    (ラジスラフ・ヴァネック)
    1973年、ポーランド・ミラヌベク出身。『ワルシャワの柔肌』(96)で映画デビュー。その後、テレビや映画で端役を演じる。2005年に映画化もしたカルトTVドラマ「Pitbull」(13-15)で殺人課刑事を演じブレイクし、その後『裏面』(09・ポーランド映画祭14)などに出演。『白昼夢に抱かれる女』(10)では世界デビューを飾った。

Director

ショーン・エリス(脚本/監督/撮影)

アカデミー賞に1度、英国アカデミー賞に2度ノミネートされている映画監督。11歳から写真を撮り始め、スチール・フォトグラファーとしてキャリアを積む。1994年、ブライトンからロンドンへ移る。スチール・フォトグラファーとしてのノウハウをファッション・モデルを輝かせることに活かし、90年代後半には、『i-D』『GQ』『Numero』『Vogue』など数多くの雑誌で撮影を手掛ける若手ファッション・フォトグラファーとして人気を得る。ジャン=ポール・ゴルチエ、カルティエ、ナイキ、H&MのCMを監督、映画監督へ転身する足がかりとなった。

〔フィルモグラフィー〕
【長編映画作品】
・『フローズン・タイム』(06)
2004年に監督した短編映画『CASHBACK』を長編化した斬新なロマンティック・コメディ。フランスの大手映画製作会社ゴーモンの目に留まり、第59回カンヌ映画祭に招致された。
・『ブロークン』(08)
レナ・ヘディ(『300 〈スリーハンドレッド〉』、(06)『パージ』(13))、アカデミー賞®ノミネート俳優リチャード・ジェンキンス(『扉をたたく人』(09)、『バーン・アフター・リーディング』(08))主演。第24回サンダンス映画祭でプレミア上映された。
・『メトロマニラ 世界で最も危険な街』(13)
第29回サンダンス映画祭でワールド・シネマ観客賞を受賞。第67回英国アカデミー賞(外国語作品賞)にノミネートされ、英国インディペンデント映画賞では作品賞、監督賞(ショーン・エリス)を含む3部門で受賞した。

Director

Comments